インナーケア

美容対策にも嬉しい!グリーンルイボスティーがとっても飲みやすい

ベジストーリー「グリーンルイボスティー」

ノンカフェインでプレママや授乳中のママにも人気なルイボルティーですが、「美容対策にもばっちり」ってこと、知っていましたか?

ゆでたま
ゆでたま
え?そうなの?

ルイボスティーの原料「ルイボス」には美容に嬉しい、ポリフェノールの一種「フラボノイド」やミネラル成分など嬉しい成分が含まれているんですよ♪
中でも茶葉を発酵させずに作られる「グリーンルイボスティー」は、発酵させる一般的なルイボスティーと比べて栄養価がとっても多く含まれているそう。

そんなグリーンルイボスティーを飲んでみたので、当記事で紹介したいと思います。

グリーンルイボスティーは何が違う?

そもそも私は、「ルイボスティー」は知っていましたが「グリーンルイボスティー」は初めて知りました。
そこでルイボスティーとグリーンルイボスティー、いったい何が違うのだろう?という疑問をちょっとだけ調べてみました。

製造方法の違い

ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いは、茶葉の製造方法の違いです。

通常のルイボスティーは茶葉をじっくりと時間をかけて乾燥させます。じっくりと時間をかけて乾燥させることで、茶葉は発酵が進み一部の栄養が損なわれてしまいます。

一方、グリーンルイボスティーは発酵させずに特殊製法で急速乾燥して茶葉にします。酸化しにくいので、生の栄養成分がそのまま残ります。

含まれる栄養価量の違い

栄養価が高いと言われる「グリーンルイボスティー」は、一般的な発酵されたルイボスティーの栄養価と比べてどれほど違うのでしょうか?

・若々しさをサポート「ポリフェノール」・・・約2~4倍

・ポリフェノールの仲間「フラボノイド」・・・約10倍以上

・ルイボス固有のフラボノイド「アスパラチン」・・・約81倍

ゆでたま
ゆでたま
違いは断然でした!

ベジストーリー「グリーンルイボスティー」を飲んでみました

ベジストーリー「グリーンルイボスティー」

可愛い野菜のキャラクターが描かれたパッケージ。ベジストーリーのキャラクターのようです。

グリーンルイボスティーには、有機JAS認定のオーガニックの厳選茶葉のみを使用されており、鹿児島県有機農業協会の印がしっかり入っています♪

グリーンルイボスティーのティーバッグ

2g×30包のティーバッグが入っています。

グリーンルイボスティーの茶葉

ティーバッグから茶葉を出してみると、名前の通り「グリーン」の茶葉です。

少し香ばしい香りで、ほうじ茶とか玄米茶のようないい香りです♪

ベジストーリー「グリーンルイボスティー」

ティーカップにお湯を注いで、待つこと3分。

紅茶のような色に・・

味はというと、

・紅茶のようだけど渋みゼロ
・ほのかに甘い
・ほのかに香ばしい

ゆでたま
ゆでたま
クセがなくて美味しい!

今回はティーカップでお手軽に飲んでみましたが、お湯で煮だして作ったり、冷やしてアイスで飲んでも良いみたいです◎

ゆでたま
ゆでたま
牛乳で割ってミルクティーなんてのも良さそう♪

おわりに

〇〇ティーって名前の飲み物は味の主張が強めなイメージでしたが、グリーンルイボスティーはクセがなくてとっても美味しかったです。

クセがないから食事にも合うので、毎日の飲み物として取り入れやすいと思います。

「ノンカフェイン」「低タンニン」なので、プレママや授乳中のママにもおすすめですよ♪

\ 気になる方は是非チェックしてみて下さいね /

ベジストーリー「グリーンルイボスティー」